企業情報

会社概要・沿革

ホーム ≫ 会社概要・沿革

会社概要

社名 ミナトパックス 株式会社
本社所在地 兵庫県三木市福井2126番地
倉敷営業所 岡山県倉敷市西阿知町新田14-3
創立年月日 1949年4月1日
資本金 4,258万8,000円
売上 37億円(2019年12月期実績)
従業員数 106人
取引銀行 りそな銀行、みなと銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行

アクセス

事業内容

  1. 段ボールケース、段ボールシートの製造販売
  2. 包装機械並びに包装資材用品の販売

沿革

1949年4月 神戸市兵庫区に湊容器製作所を設立、主として包装用木箱の製造販売を開始。
1953年4月 段ボール部門に進出。製造設備の増設および販売を開始。
1958年7月 個人経営より法人組織 株式会社 湊容器製作所設立。資本金100万円で発足。
1964年6月 岡山県倉敷市に倉敷工場建設。
1965年11月 兵庫県三木市に三木工場建設。近畿一円の生産拠点を目指す。資本金200万円に増資。
1968年3月 三木工場にコルゲートマシンを新設。段ボールシートの生産開始。
1970年7月 湊紙器 株式会社に社名変更
1978年11月 三木工場にコルゲート用の新工場を増設。
1980年10月 コルゲートマシン管理システム導入。
1984年4月 汎用コンピュータ導入。受注から出荷までの一貫管理システム構築。
1987年9月 カートンマスター抜き加工工程の全自動化。量産体制確立。
1991年10月 公害環境対策に排水処理装置新設。
1992年10月 ロボット1号機を導入。搬出ラインの無人化を実現。全自動製糊装置の新設。
1999年11月 底貼りワンタッチ式セミオートグルアー新設。受注多様化に対応。ロータリーダイカッター3色フレキソ印刷機新設。抜き加工の高速化。
2001年9月 湊紙器を分社化し、湊紙器は製造部門、ミナトパックスを販売部門として設立。
2002年12月 固定式4色フレキソフォルダーグルアーの新設。多品種小ロット化に対応。
2005年9月 コルゲータ管理装置とホストコンピュータオンライン化により、追加生産の無人自動挿入システムを導入。
2005年11月 三木市優良申告法人の表彰
2006年4月 C段導入。三木工場西隣地買収。管理倉庫新設。
2007年5月 環境改良。排水、糊、インク処理設備増設。
2008年 カートンマスター2号機増設。社員大食堂、研修ホール新設。古紙処理空送ダクトサイクロン紙粉除去設備新設。全自動ベイラー能力1t梱包機新設。
2009年 ISOWAファルコン増設。350枚/分 フレキソ印刷機導入で生産性向上。 60周年記念式典開催。2代目社長就任。創設者は会長職に就任。
2010年11月 三木市優良申告法人の表彰。風土改革プロジェクト開始。MBO(目標管理制度)導入。
2011年7月 ハイスピードスリッタースコアラ更新。
2012年1月 シングルフェーサ更新(ISOWA製)
2013年11月 ミナトパックス株式会社を吸収合併。 同時に社名を湊紙器株式会社からミナトパックス株式会社に変更。 5S活動開始
2014年1月 ダブルフェーサ更新(ISOWA製)
2014年5月 総合検査装置設置
2014年6月 コルゲータ上下異物検査装置設置
2015年2月 画像検査装置導入
2015年7月 オートセットスリッター更新
2015年9月 三菱EVOL 更新
2016年1月 ISOWACF60ベルトレスシングルフェーサ更新 スプライサ全面更新
2017年2月 インクディスペンサー導入
2017年7月 図面管理システム導入
2017年9月 コルゲータ生産管理装置更新
2018年1月 排水処理設備更新
2019年1月 コルゲータ画像検査装置設置
2019年5月 三菱EVOL更新

創業70周年記念動画

                       2019年4月 ミナトパックス株式会社はおかげさまで創業70周年を迎えました。これを記念し動画を制作しました。

                       会長、社長のインタビューとともに、現在の工場の様子をご覧ください。